{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/13

HESHDAWGZ x CHRIS JOHANSON TEE

4,950円

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー1件

送料についてはこちら

  • ASH - M

    ¥4,950

    SOLD OUT

  • ASH - L

    ¥4,950

    SOLD OUT

  • ASH - XL

    ¥4,950

    SOLD OUT

  • ASH - 2XL

    ¥4,950

    SOLD OUT

  • CREAM - M

    ¥4,950

  • CREAM - L

    ¥4,950

    SOLD OUT

  • CREAM - XL

    ¥4,950

    SOLD OUT

  • CREAM - 2XL

    ¥4,950

  • ORANGE - M

    ¥4,950

  • ORANGE - L

    ¥4,950

    SOLD OUT

  • ORANGE - XL

    ¥4,950

  • ORANGE - 2XL

    ¥4,950

  • BURGUNDY - M

    ¥4,950

    SOLD OUT

  • BURGUNDY - L

    ¥4,950

    SOLD OUT

  • BURGUNDY - XL

    ¥4,950

    SOLD OUT

  • BURGUNDY - 2XL

    ¥4,950

    SOLD OUT

久しぶりにHESHDAWGZの オリジナル商品に新作が出来ました! サンノゼで生まれ、サンフランシスコで Barry McGeeと共に 「Mission School Art Movement」 というアートムーブメントの 中心人物として活動を始めたChris Johanson。 Anti Heroのグラフィックには 初期から現在でも Chrisのアートワークが採用されていますし Vansなどでも頻繁にChrisのアートワークを 見かける事が出来ます。 Chrisは2002年の Whitney Biennial展で 国際的に紹介され、 サンフランシスコMOMAの SECAアート賞を受賞している 世界的アーティストです。 本当にありがたい事に 今回ヘッシュのTシャツを そのChris Johansonが やってくれてました。 う〜む、おそらく2019年の夏かな?に まだ当時はLAに住んでいた Chris Johansonに連絡をして キチンと会うことが出来た。 たしか夜の9時は回っていたと思う。 10時に近かったかも? 住所を教えてもらった場所は 街から離れた倉庫街で 街灯の少ない暗いエリア。 大きな倉庫のスペースを おそらく数人のアーティストで シェアしている場所だった。 ゲートのベルを鳴らすと 倉庫の廊下を Anti Heroの太めのデッキを プッシュで迎えに来て そのプッシュでこの人は スケート出来る人なんだなと すぐ分かり、 内心ちょっとアガッたのを 覚えています。 そこにはChrisの他にも 奥さんのJohannaも 別でスペースを借りていて (Johannaもアーティスト) 二人とも40平米はありそうな アトリエ/スタジオを借りていた。 それだけでChris Johansonって やっぱり凄いアーティストなんだな、、 こりゃちょっと僕の予算では 首は縦に振ってくれないなって いきなり面食らったのですが、 次の瞬間に奥さんのJohannaが "Yo, CB! 今からワタシ バッコシ吸うけどCBもどう??" するとすかさずChrisも Johannaの肩越しからニヤリ顔で "おうCB, イイネタだぞ" とカリフォルニア流の おもてなしを受けて 頭の中で軽くズッコケたのだが 僕は滞在している場所まで 帰れなくなっちゃうと困るので 丁重にお断りした。 Chris JohansonはSun Footという バンドもやっていて Gary Panterのバンドと 合同でUSツアーを していた時期があったので (https://overheat.com/contents/garypanter/) お互いの共通の知り合いの話をしながら ジワリジワリと親交を深め 帰り際にHESHDAWGZっていう オープン以来15年以上も ずっと傾きながら営業して 今や大企業と富裕層しか 優遇していない自民党に トドメを刺されそうになっている 悲惨なスケートショップがあって だけどそのスケートショップが 無くなってしまっては 日本、いや世界のスケート界にとって 大きな損失なんだ、存続させる為には あなたのそのウィットに富んだ ステキなアートワークが必要だと思わないか?、、 と泣き落として(呆れられたともいう) やってもらったのが今回のTシャツです。 でも2019年にオファーして 描いてくれた作品を ピックアップしたのが2023年の夏、 (送る送る言って全然送ってこなかったw) いま2024年ですから、 期間だけならほぼ5年かかった 壮大なプロジェクトかもしれない!? フレアパンツを履いた ヒッピースタイルのスケーターが コーピングをウィールで走っている まさしく崖っぷち! なアートワークです。 (Boardkill小関さん曰く エッジャーと言っていた) ひょっとしたら5年前の 泣き落としの際の殺し文句を 覚えたいたのか?いないのか? HESHDAWGZの経営状態を 如実に表す不安定さだ。 やや真面目に解説すると Chrisの素朴で華麗な このドローイングは Chrisの作品によく見られる 複雑な感情も ドライなユーモアのセンスも 垣間見えて、サイケデリックな HESHDAWGZの文字も最高である。 このドローイングを ピックアップした時には その場で名前も入れてもらって これ以上ないTシャツになってます。 プリントはインクジェットではなく スクリーンプリント! インクジェットではないので 昔のAnti Heroの Chris JohansonTシャツっぽい 雰囲気が出ていてオススメです! ボディーはAmerican Apparelです! 以前のAAA(Alstyle)です。 サイズスペック S 着丈/67 身幅/46 袖丈/20 M 着丈/72 身幅/51 袖丈/21 L 着丈/77 身幅/56 袖丈/23 XL 着丈/80 身幅/61 袖丈/24 2XL 着丈/83 身幅/66 袖丈/24 若干の誤差はご了承ください。 商品画像は実際の色味と 若干異なる場合もございますので 予めご了承ください。

セール中のアイテム