{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

STRANGELOVE JESUS SAVES DECK (8.5 x 32.25inch)

15,400円

送料についてはこちら

90年代にWorld Industries系列のグラフィックを 担当したアーティストである ショーン・クライヴァー(Sean Cliver)が スタートしたスケートブランドの STRANGELOVE。 Sean Cliverが2004年に著した 「Disposable : A History of Skateboard Art」は スケートボード・アートに関する資料集で 過去30年にわたる 名作デッキ・グラフィックを カラーで多数収録されたものでしたので Sean Cliverの名前をご存知の方は 多いかと思います。 さらにSean cliverは VANS SYNDICATEから シューズがリリースされたり、 SUPREMEからデッキやTシャツも ここ数シーズン続けて リリースされているアーティストです。 今はリミテッドで デッキやTシャツを作り ユルりと運営しているブランドです。 今回のグラフィックも よく見るとなかなかに激しめです。 淡いピンク色がベースとなった デッキではありますが レッカー移動させられているのは 車ではなくジーザスで、 "JESUS SAVES(神は救いたまう)" というネーミングのデッキなんですから ピンク色とは裏腹に強烈なデザインです。 よくアメリカへ行くと 車のバンパーなどにステッカーが 貼られているスローガンが この"JESUS SAVES"です。 それなのに十字架にはりつけられたまま レッカー移動されてるんです。 ブラックジョークもここまでいくと かなりキリスト教の信仰心が厚いところでは 持ってるだけでキケンな目に合いそうですが そのスレスレな(というかアウトか!?) グラフィックを作ってくるところが 昔のWorld Industries系ブランドの デッキ・グラフィックの危なさを 彷彿とさせてくれて最高です! 右側でレッカーをしている 豚の貯金箱を抱えたチカーノは JESUSさん(ヘスース)で、 JESUSさんはお金を貯める という意味で "JESUS SAVES"となっています。 要はレッカー車で JESUS(ジーザス)を救い、 JESUS(ヘスース)は お金を貯めるという ダブルミーニングなわけです。 かなり笑えますね。 そして僕がよく海外の Sean CliverやStrangeloveファンの インスタグラムを見ると このデッキを飾っている人が 多くいる印象があります。 Strangeloveの凄いところは プロダクト作りに きちんとメッセージがあるところです。 これは乗るのも良いですが 飾ってあってもかなりパンチが あるのではないでしょうか? 日本ではほぼどこも 取り扱っていませんので この機会に是非! デッキご購入の方には デッキテープが付いてきます。 21.6 x 81.9cm (8.5 x 32.25inch, WB14.25) トップ面(デッキテープ面)の ステインの色は写真と違う場合がございます。 若干の傷やシュリンクのビニールが 付いていない場合がございます。 ご了承下さい。 商品画像は実際の色味と 若干異なる場合もございますので 予めご了承ください。

セール中のアイテム