{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

THRASHER MAGAZINE 2023 JULY ISSUE #516

1,100円

送料についてはこちら

SOLD OUT

SFのHIGH SPEED PRODUCTIONS社が 運営するTHRASHER MAGAZINE。 世界一のスケート雑誌として 雑誌だけでなくDVD、 アパレルも人気があります。 Thrasherはスケーターの バイブルですから ヘッシュは毎号欠かさず 入荷しています。 むしろThrasherを 毎号入荷していないショップは いくらスケートボードを 扱っていたとしても きっとスケートボードの ハードグッズは お飾り程度にしかお店になく そこまでの量を 取り扱っていないでしょう。 そんなショップは スケートのイメージを うまく利用している なんちゃってファッション・ショップなので Thrasherを取り扱うように 提案してあげてください。 最新号は今やサンフランシスコの 若手代表である Nico Hiragaがカバー。 サンフランシスコの有名な イベントスペース、 Maritime Hallでのwallride nollie Out! 僕がサンフランシスコに 住んでいた時には Maritime Hallはよく行きました。 Buju Banton, Capleton, Hieroglyphics, Gang Starr, The Roots, Common,など 好きなアーティストがライブをやれば ほぼ行ってました。 なんなら20歳そこらの時に The Rootsのライブへ出かけると どこからともなく 手巻き寿司みたいのが 右から左から、 前から後ろから回ってきて かる〜い気持ちでヤーマンヤーマンと 一口ずつご馳走になったら ゴホゴホッ!! SFのHIGH SPEED PRODUCTIONS社が 運営するTHRASHER MAGAZINE。 世界一のスケート雑誌として 雑誌だけでなくDVD、 アパレルも人気があります。 Thrasherはスケーターの バイブルですから ヘッシュは毎号欠かさず 入荷しています。 むしろThrasherを 毎号入荷していないショップは いくらスケートボードを 扱っていたとしても きっとスケートボードの ハードグッズは お飾り程度にしかお店になく そこまでの量を 取り扱っていないでしょう。 そんなショップは スケートのイメージを うまく利用している なんちゃってファッション・ショップなので Thrasherを取り扱うように 提案してあげてください。 最新号は今やサンフランシスコの 若手代表である Nico Hiragaがカバー。 サンフランシスコの有名な イベントスペース、 Maritime Hallでのwallride nollie Out! 僕がサンフランシスコに 住んでいた時には Maritime Hallはよく行きました。 Buju Banton, Capleton, Hieroglyphics, Gang Starr, The Roots, Common,など 好きなアーティストがライブをやれば ほぼ行ってました。 なんなら20歳そこらの時に The Rootsのライブへ出かけると どこからともなく 手巻き寿司みたいのが 右から左から、 前から後ろから回ってきて かる〜い気持ちでヤーマンヤーマンと 一口ずつご馳走になったら ゴホゴホッ!! う〜、ゴホゴホッ!! となり 気が付いたら立ったまま 気絶してしまった苦い思い出も そう、このMaritime Hallなのだ。 全方向から見ず知らずの人たちの ごんぶと手巻き寿司が 回ってきたのは後にも先にも The RootsとCypress Hillの ライブくらいだ。 まあ、話は脱線しまくりましたが (全然スケートの話題じゃないw) カバーが素晴らしいという事は Wes Kremerや Jack O'Gradyなどが掲載され、 200ページにも及ぶ中身も最高ってことです。 やはり最新号もゲットしかないです! 全方向から見ず知らずの人たちの ごんぶと手巻き寿司が 回ってきたのは後にも先にも The RootsとCypress Hillの ライブくらいだ。 まあ、話は脱線しまくりましたが (全然スケートの話題じゃないw) カバーが素晴らしいという事は Wes Kremerや Jack O'Gradyなどが掲載され、 200ページにも及ぶ中身も最高ってことです。 やはり最新号もゲットしかないです! 商品画像は実際の色味と 若干異なる場合もございますので 予めご了承ください。

セール中のアイテム