{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

STRANGELOVE TIMOTHY JOHNSON BREAKIN' DECK (9 x 32.875inch)

15,400円

送料についてはこちら

SOLD OUT

90年代にWorld Industries系列の グラフィックを 担当したアーティストである ショーン・クライヴァー (SEAN CLIVER)が スタートしたスケートブランドの Paisley Skatesがブランド名を STRANGELOVEに 新たに変更し 再スタートしました。 SEAN CLIVERは VANS SYNDICATEから シューズがリリースされたり、 SUPREMEから デッキやTシャツも リリースされているので ご存知の方も多いかと思います。 Strangeloveはリミテッドで デッキやTシャツを作り ユルりと運営しているブランドです。 最近ではStrangelove x 某 SBも かなり話題となりました。 しかしデッキとなると 取り扱っているショップは 日本ではほぼ無いです。 遂にStrangeloveから プロスケーターが2人誕生しました。 Max MurphyとTimothy Johnsonです。 このデッキはTimothy Johnsonの 初シグネチャーモデルとなります。 --------------------------------------------------------- 待てよ、これは何だ? アートが売りのカンパニーからプロモデル? Stranger Things(不思議なこと)が 起こったと思う。 でもこれは僕たちがずっと目指してきた、 待ちに待った瞬間なんです。 なぜならもしそのボードが ストリートに出ず、僕たちと同じように スケートボードを愛する人たちを サポートできないのなら、 スケートボードを作り、 ブランドを持つことに 何の意味があるのだろうか? この度Timothy Johnsonの デッキを発表することができ、 大変嬉しく思っています。 イリノイ州シカゴの ストリートで活躍するスムーズで スタイリッシュなスケーター、 Timothy Johnsonが 彼のブレイクダンスのルーツに 回帰したグラフィックで StrangeLoveのプロになったことを 発表出来るのはとても喜ばしいことです。 (これは彼の「ミニ」8.75inchモデル に対する「マキシ」モデルです) - Sean Cliver --------------------------------------------------------- だそうです。 2022年10月に初来日を果たした Timothy Johnsonは 幼少期にブレイクダンスを やっていたキッズだったので このグラフィックとなっています。 それもこのデッキは シルクスクリーン・プリントで 仕上げられていますので 正直なところ 乗るのが勿体ないくらいですが ファンの方には ぜひゲットしていただきたいところ。 こちらの9インチのデッキは 昔のWorld Industries時代の Mike VallelyのBarnyardの シェイプを彷彿とさせる やや四角いノーズが面白いです。 22.8 x 83.5cm (9 x 32.875inch, WB14.75) ステインの色は 写真と違う場合がございます。 シュリンクビニールに 入っていない場合がございます。 ご了承ください。 デッキご購入の方には デッキテープが付いてきます。 商品画像は実際の色味と 若干異なる場合もございますので 予めご了承ください。

セール中のアイテム