THRASHER MAGAZINE 2022 JANUARY ISSUE #498
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

THRASHER MAGAZINE 2022 JANUARY ISSUE #498

¥880 税込

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー1件

送料についてはこちら

SOLD OUT

SFのHIGH SPEED PRODUCTIONS社が 運営するTHRASHER MAGAZINE。 世界一のスケート雑誌として 雑誌だけでなくDVD、アパレルも人気があります。 Thrasherはスケーターのバイブルですから ヘッシュは毎号欠かさず入荷しています。 むしろThrasherを毎号入荷していないショップは いくらスケートボードを扱っていたとしても きっとスケートボードのハードグッズは お飾り程度にしかお店になく そこまでの量を取り扱っていないでしょう。 そんなショップはスケートのイメージを うまく利用している なんちゃってファッション・ショップなので Thrasherを取り扱うように提案してあげてください。 最新号はSamarria Brevardがカバー。 Mark Suciuの見開き目次ページに始まり Brianna Delaneyが トランスジェンダーのスケーターであること、 Arin、Leo Cher、Marbieなどに 触発されたことを打ち明けるなど スケートボードは確実に良い方向に向かっています。 日本からはSkate Mafiaの Masaki Hongo(本郷真輝)がフィーチャーされ Cons x Krookedトリップでは Manderson, Cromer, Cernickyが バッコシ滑っています。 "5 Greats"のコーナーでは イラストレーターとしても注目されつつある Kevin “Spanky” Longが登場。 Jim ThiebaudやIshod Wairとの どの様にBakerにフックアップされたか 知りたい方は買って読むしかないです。 その他にはMatt Field, Guy Marianoなども 掲載されていますので やはり最新号もゲットしかないです! 商品画像は実際の色味と 若干異なる場合もございますので 予めご了承ください。