BOYS OF SUMMER BODY HEAT CAP
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

BOYS OF SUMMER BODY HEAT CAP

¥7,700 税込

送料についてはこちら

Jeff Kutterによる 映像作品「BOYS OF SUMMER」の アパレルはアメリカでも SUPREMEなどの限られたSHOPでしか 手に入れられないので 殆どのアイテムは早い者勝ちです。 『BOYS OF SUMMER #1』も 『BOYS OF SUMMER #2』の映像作品も 素晴らしい仕上がりでしたので アパレルを身に付けたい という方も多いかと思います。 映像はJeff Kutterですが アパレルのデザインは 先日Rvcaのアートショウでも来日した Alexis Ross(アレキシス・ロス)が担当しています。 『BOYS OF SUMMER』映像の中には よく色々なオモシロ映画の衝撃的な場面が ちょくちょく出てきますが、 きっと映画好きなんでしょう。 ヘッシュドウグズのカツ新井も 超が付くほどの映画好きですから、 映画好きにはセンスの良い人が多いんですね。 映画『BODY HEAT』は 邦題だと『白いドレスの女』です。 1981年に製作されたアメリカ映画で ローレンス・カスダン監督作品です。 ヘッシュの映画評論家、淀川カツ治によると ローレンス・カスダン監督は この『BODY HEAT』のずっと前、 1970年代には『ボディーガード』の脚本を ワーナー・ブラザースによって買われたり、 (1992年になってホイットニー・ヒューストンと ケビン・コスナー主演で映画化された) 1979年にはジョージ・ルーカスの元で 『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』 の脚本に参加。その後もルーカス作品である 『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』と 『 スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の 脚本を手がけたりした監督だそうで この映画『HARD BODY(白いドレスの女)』も 淀川カツ治は面白いと言ってました。 その『BODY HEAT』のロゴが フロントにプリントで入り サイドには”Robin”の 刺繍も入っています。 商品画像は実際の色味と 若干異なる場合もございますので 予めご了承ください。