PETE THOMPSON PEPE MARTINEZ TRIBUTE DECK (8.18 x 32inch)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

PETE THOMPSON PEPE MARTINEZ TRIBUTE DECK (8.18 x 32inch)

¥13,200 税込

送料についてはこちら

フォトグラファーの Pete Thompson(ピート・トンプソン)は 僕がサンフランシスコに住んでいた時に 初めてきちんと仕事をした フォトグラファーです。 当時彼はTransworld Skateboardingの 専属フォトグラファーを務めており 日本のスケート雑誌に サンフランシスコの記事を書いていた僕が Peteに写真を依頼していたわけです。 彼と一緒に彼のドライブで サザン・カリフォルニアに2回行きましたし 1回はTransworld Skateboarding社を訪問し 当時Transworld Skateboardingを動かしていた Dave Swift、Grant Brittain、 Miki Vuckovichを紹介してもらい、 偶然編集部に遊びに来ていた Tony Hawkにも会った、なんて事もありました。 Transworld Skateboardingの アップカマーのアマチュアを 紹介するページ"Check Out"で Soichiro Nakajimaを Peteに紹介したのは僕で もちろんSoichiroは物凄いスキルとバネで サンフランシスコに着いた瞬間から ローカルスケーターに一瞬で認められ アイドルにはなってましたが Soichiroのアメリカでの成功は Peteが"Check Out"で 紹介したところから 本格的にスタートします。 そういえば同じくらいの時期に サンフランシスコのHubba Hideoutで MARUがやったフィーブルグラインドも 僕がPeteに頼んで撮ってもらったような、、 違ったっけな?忘れたけど MARUもPeteに撮影してもらっている スゴいスケーターです。 ある時を境にPeteはスケート界から 姿を消してニューヨークで 新たにファッションやモデル撮影などの フォトグラファーとして活躍していますが 90年代ブームの到来で 昨年「93 til」という写真集を出版しました。 このトリビュートデッキに プリントされている写真は、 すべてPulaksi(Freedom Plaza)で 撮影されたもので、そのうちの2枚は 「93 til」に掲載されているものです。 故ペペ・マルチネスは 90年代初頭のワシントンDCや 東海岸のスケートシーンを盛り上げた 重要なスケーターのひとり。 彼のスタイルは非常にユニークで トリックの種類も豊富でしたが、 多くのスケーターがペップについて 覚えているのは、 彼の静かで謙虚な性格と ユーモアのセンスです。 ペペはスケート以外にも モデルとしても活躍していて サンフランシスコに短期で住んでいた時は Pier7で白いタンクトップで滑っていて かなりイケてました。 (ディランといいモデル系スケーターは みんな白のタンクトップで 滑らなきゃいけないルールでもあるのか!?) ペペは2003年に亡くなりましたが、 幸運にも彼と知り合うことができた すべての人の記憶に残っています。 このデッキはペペの家族の協力を得て、 サインとシリアルナンバー入りで 300枚限定で生産されまました。 収益の一部はご家族に還元されます。 トップ面にはPeteのサインと ナンバリングが入っています。 ちょっと勿体無いけど乗って良し、 飾って良しの仕上がりです。 日本でこのデッキを 取り扱ってるところはほぼ無いので 興味のある方は是非! 若干の傷やシュリンクのビニールが 付いていない場合がございます。 ご了承下さい。 20.8 x 81.2cm (8.18 x 32inch) デッキご購入の方には デッキテープが付いてきます。 今回も商品と全然関係ない 商品説明で申し訳ない 商品画像は実際の色味と 若干異なる場合もございますので 予めご了承ください。