DEAR, CLUB HOMEBOY LOFT ZINE VOL.4
5a27b563428f2d1745000745 5a27b563428f2d1745000745 5a27b563428f2d1745000745 5a27b563428f2d1745000745 5a27b563428f2d1745000745 5a27b563428f2d1745000745 5a27b563428f2d1745000745

DEAR, CLUB HOMEBOY LOFT ZINE VOL.4

¥2,052 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

スケートボードの歴史の中で 最もクールかつ激動期だった90年代初期に ビデオ・雑誌でプロスケーターが 着用していたグラフィックやトレンドを アイテム化しているDEAR。 目のつけどころが当時を知ってれば共感でき、 知らない人には新たなメッセージとしても 面白いと思います。 おなじみのものから、マニアックなものまで、 こうしてアイテム化されることで 再発見できるまさにスケーターらしいアイデア。 Club Homeboyは1987年にアーティストの Andy Jenkins(Girl Skateboardsのアーティスト)、 Mark Lewman(現在はNemo Designという 横ノリ系のブランドデザイン・エージェンシーにいます) 映画監督のSpike Jonze(Girl SkateboardsのCo-Founder) そしてMegan Baltimore(Girl SkateboardsのCo-Founder) という今や全員大出世している4人でスタートします。 Club Homeboyとは、、友達や文通友達からなるグループです。 ・BMXバイカーやスケーターのグループであり ・物書きやアーティストのグループであり ・彼らの視点を周りの世界に上手く活かすグループであり ・彼ら独自のIDバッジとリストバンドを付けながらも 若干控えめなプライドを持ったグループでした。 Spike JonzeはBMXをやっていた事でも有名なので ここまで読んできて何となく繋がった方も いるのではないでしょうか。 Spike JonzeはこのClub Homeboy Zineが きっかけでGonzに知り合い、 のちのblind“Video Days”へと繋がっていきます。 こちらは当時のLoft Zineのイシュー4を 完全に再現しています。 16ページにも及ぶスパイク・ジョーンズ、 アンディ・ジェンキンスの 初期の頃の活動が見られる永久保存版です。 Club Homeboyのステッカー付き! スパイク・ジョーンズは ちょくちょく来日していますので これを持ってサインをねだったりしたら 確実に驚かれそうです。 商品画像は実際の色味と 若干異なる場合もございますので 予めご了承ください。