DEAR, CLUB HOMEBOY TOP TUBE PAD
5a25159d92d75f01920001af 5a25159d92d75f01920001af 5a25159d92d75f01920001af 5a25159d92d75f01920001af

DEAR, CLUB HOMEBOY TOP TUBE PAD

¥3,888 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

スケートボードの歴史の中で 最もクールかつ激動期だった90年代初期に ビデオ・雑誌でプロスケーターが 着用していたグラフィックやトレンドを アイテム化しているDEAR。 目のつけどころが当時を知ってれば共感でき、 知らない人には新たなメッセージとしても 面白いと思います。 おなじみのものから、マニアックなものまで、 こうしてアイテム化されることで 再発見できるまさにスケーターらしいアイデア。 Club Homeboyは1987年にアーティストの Andy Jenkins(Girl Skateboardsのアーティスト)、 Mark Lewman(現在はNemo Designという 横ノリ系のブランドデザイン・エージェンシーにいます) 映画監督のSpike Jonze(Girl SkateboardsのCo-Founder) そしてMegan Baltimore(Girl SkateboardsのCo-Founder) という今や全員大出世している4人でスタートします。 Club Homeboyとは、、友達や文通友達からなるグループです。 ・BMXバイカーやスケーターのグループであり ・物書きやアーティストのグループであり ・彼らの視点を周りの世界に上手く活かすグループであり ・彼ら独自のIDバッジとリストバンドを付けながらも 若干控えめなプライドを持ったグループでした。 Spike JonzeはBMXをやっていた事でも有名なので ここまで読んできて何となく繋がった方も いるのではないでしょうか。 Spike JonzeはこれがきっかけでGonzに知り合い、 のちのblind“Video Days”へと繋がっていきます。 で、こちらはBMXのチューブパッドです。 メインのフレームに巻いても良いですし ハンドル部分に巻いても 負けるところならどこでも良いかと思いますが この90年代っぽいデザインが最高です! 実際はスケーターでもBMX好きの人も多いですし、 なんならGONZだって自転車全般が大好きです。 CardielだってBMXのスキルは相当のものですし このチューブパッド使っていたら めちゃめちゃ玄人なのではないでしょうか? 商品画像は実際の色味と 若干異なる場合もございますので 予めご了承ください。