DEAR, OHIO COLLECTION EXOTIC FANTASIES L/S TEE TEE
5a23c09c3210d55dd6000bda 5a23c09c3210d55dd6000bda 5a23c09c3210d55dd6000bda 5a23c09c3210d55dd6000bda

DEAR, OHIO COLLECTION EXOTIC FANTASIES L/S TEE TEE

¥7,452 税込

送料についてはこちら

  • BLACK - M

    SOLD OUT

  • BLACK - L

  • BLACK - XL

    SOLD OUT

メーカー希望小売価格7,452円の商品 スケートボードの歴史の中で 最もクールかつ激動期だった90年代初期に ビデオ・雑誌でプロスケーターが 着用していたグラフィックやトレンドを アイテム化しているDEAR。 目のつけどころが当時を知ってれば共感でき、 知らない人には新たなメッセージとしても 面白いと思います。 おなじみのものから、マニアックなものまで、 こうしてアイテム化されることで 再発見できるまさにスケーターらしいアイデア。 とは言っても最近では 『マニアック過ぎて伝わらないブランド』的な 位置付けになっている気もしないでもないw 今シーズンはQuasiとAlien Workshopに 関わってきた人たちとDear, が手を組んで コレクションを展開しています。 Dear, を主宰するクリスは 人生のほとんどをロサンゼルスで過ごしてきましたが 実はスケートボードを始めたキッズの時は オハイオ州にある クリーブランド郊外の街に住んでいました。 オハイオ州のスケートボードは 他の寒い都市のスケートシーンと大差はなく 数週間続く雨季と何ヶ月にも及ぶ 雪の日々を過ごすそうです。 もしラッキーなことに スケートパークの近くに住んでいたら インドアとアウトドアを 同じぐらいの割合で楽しめるそうですが クリスは自宅の地下でスケートを始めたそうです。 そのような荒れた天候と スケートに縁のないロケーションにも関わらず オハイオは影響力のある スケーターを何世代にも渡って輩出し スケートボードの重要な スケートカルチャーの道筋を作りました。 Gary Scott Davis, Marty ‘Jinx’ Jimenez, Mark Heinzman, Mike Hill, Ned Hadden, Chris Carter, Rob Dyrdek, Al Davisなどに インスパイアされたこのコレクションは 彼らのように多大な貢献を してきた人たちの為に実現し オハイオのスケートボーディングの 現在と未来を現すものです。 Mike Hill(AlienWorkshop, co-founder)と Chad Bowers(Quasi co-founder)と オハイオの仲間たちと ユニークなコレクションを ご紹介出来ることを Dear, のクリスは誇りに思っています。 左胸にはステルス戦闘機がプリントされ ライトパターソン空軍基地の 影から軍事産業地帯の本質を探っている っていう事らしいのですが もう何のことやら全然分かりませんw しかしこのライトパターソン空軍基地は AlienとQuasiの近所に位置していた っていう事らしいですw 左スリーブには "EXOTIC FANTASIES"とプリントが入り もう怪しいったらありゃしない1枚です。 dear,はプロダクトにストーリーが 存在するのがとても面白いですし 今回もとりあえず手元に置いておきたいところ!? ボディはGILDANです! 商品画像は実際の色味と 若干異なる場合もございますので 予めご了承ください。