POWELL PERALTA BUCKY LASEK STADIUM RE-ISSUE DECK (9.82 x 31.5inch)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

POWELL PERALTA BUCKY LASEK STADIUM RE-ISSUE DECK (9.82 x 31.5inch)

¥14,300 税込

送料についてはこちら

Powell Peraltaから Bucky Lasekのリイシューが入荷です。 Bucky Lasekには 自転車を盗まれたことがきっかけで スケートボードを始めたという話もありますが、 実際にはボルチモアのAndyという ショップオーナーがBuckyを気に入り、 フローライダーとして商品を提供してくれて、 スケートボードを手頃な価格で 購入させてくれたのです。 Buckyはアマチュアのコンテストに参加して活躍し、 1989年にはTony Hawkが 彼をカリフォルニアに招待し 彼の人生の転機となりました。 1990年に発売されたBuckyの このSTADIUMモデルは、 今やStrangelove Skateboardsを運営し 面白いアイデアとコレクションで アメリカのスケーターを 興奮の渦に巻き込んでいる アーティストのSean Cliver( ショーン・クライバー)が 90年代にPowell Peraltaに勤めていた 3年間で手がけたグラフィックのひとつです。 野球をテーマにした この珍しいグラフィックの背景には、 実はBuckyの野球への関心や能力とは あまり関係がないそうです。 ないのかよ!って感じですが SeanはBuckyが好青年であるというだけでなく、 彼がボルチモア出身であることも知っていた。 当時ボルチモア・オリオールズは 新球場(カムデン・ヤード)の建設中で、 カル・リプケンJr.が人類の想像を超えた 連続試合数(最終的には2632試合)を記録して 急成長を遂げていた。 Seanはこれを、カル・リプケンJr.の様に 人々に好かれるナイスガイ、Buckyが 自分の好きな人たちを ボードグラフィックに沢山登場させる チャンスだと考えこれが誕生しました。 グラフィックには Baltimore Orioleのマスコットはもちろんこと Lance Mountain, Craig Stecyk, CAB, Frankie Hill, Tony Hawk, Salman Agah, Paolo Diaz, TG, Mike V, Hensleyなど 錚々たる面子がSTADIUMに足を運んでいます。 しかし特筆すべきは Sherilyn Fenn(シェリリン・フェン)も 描かれているところです。 Sherilyn FennはSena Cliver主宰ブランドの Strangeloveで先日リリースした 『Thrashin’』コレクションでも Sean CliverがVelvet役のSherilyn Fennの 激烈ファンだったことを公言していましたが やはりあの若かりし頃のコセキル編集長も そのむかし映画『処刑ライダー』で Sherilyn Fennのトップレスを見て 身体の一部がカチコチ山からの 雪解けを起こしていたという噂がありますので Sherilyn Fennが描かれていたというのは めちゃくちゃアツいです! Strangelove Velvet Teeについてはこちらから! https://heshdawgz.stores.jp/items/5b696be650bbc34e2a000d04 24.9 x 80cm (9.82 x 31.5inch, WB14.5 / 13.5) ダブルドリルです。 デッキご購入の方には デッキテープが付いてきます。 パウエル・ペラルタの復刻版デッキは、 1980年代のデッキを忠実に再現しており、 オリジナルのProグラフィックやシェイプ、 トップグラフィックのロゴ、 スプーンノーズコンケーブなどが特徴です。 このデッキはメキシコのパートナー企業か ベンチュラのスケートボード工場で製造されています。 ベンチュラのスケートボード工場では オリジナルのデッキを製造していた 数人の職人が指揮をとっています。 商品画像は実際の色味と 若干異なる場合もございますので 予めご了承ください。